総量規制を徹底研究!

そもそも総量規制って何?

よく聞くようになった総量規制という言葉ですが、何かとはっきりと分かってキャッシングやローンを利用することは少ないのではないでしょうか。なんとなく聞いたことがある、ローンなどで「総量規制対象外!」と書かれているものを見たことがあるといった認識の方もいるでしょう。

しかし、カードローンやキャッシングを利用するにあたって、やはり詳細を把握しておくに越したことはありません。総量規制とはどんなものなのでしょう。総量規制とは貸金業法に含まれる法律です。具体的には、申し込み者の収入に応じた借入の上限額が定められるようになったということです。

総量規制ができる前は、お金を借りたい申し込み者が「返済する。」といえばそれで貸し付けができたのです。他にどれほど借りていようが、収入が少なかろうが、どんどん貸していた側面もあります。こうしてしまうと、当然返済できない状況に陥ってしまうことがよく起こっていました。また、一社で借りられなくなると、別のところに申し込みをして多重債務となってしまうこともあったのです。

総量規制の額は、余裕を持って返済できるといわれている年収の3分の1までです。年収200万円の方なら66万円、年収300万円の方なら100万円までを上限として借りることができます。この額は貸金業者からの借入を総合計するものです。住宅ローンやマイカーローンなど総量規制の対象とならないローンもあります。とはいっても、どのようなローンを利用するにしても、総量規制のことを意識して申し込み先を探した方が良いでしょう。

お金を借りられなくなったの?

「総量規制によってお金を借りられなくなった。」ということが言われています。確かに、お金を借りる上限は決まっているため、以前のように金額を気にせず借りるというわけにはいかなくなっている部分はあるでしょう。

また、年収によって借入できる額が決まっていることから、大手消費者金融を中心に本人収入がある方のみ利用できるようになっています。以前はキャッシングを利用できていた専業主婦の方などは利用できなくなっているのです。しかし、専業主婦の方も、総量規制の対象でないカードローンなどなら申し込みができます。他にも一部の貸金業者では、収入のある配偶者の同意書によって申し込みができるところもあります。

正確には「総量規制によって申し込み先が限定されるようになった方がいる。また借りられる金額が決まっている。」ということになるでしょう。しかし、総量規制の額である年収の3分の1は実際のところ、300万円の年収がある方なら最高で100万円まで借りることができます。カードローンの主な利用目的である「少し足りないときに補う。」ということなら十分すぎるほどの額ではないでしょうか。ただし、審査によっては総量規制額いっぱいまで借りられないこともあります。気を付けておきましょう。

総量規制はお金を借りられなくなったということではなく、借り過ぎを防ぐための法律であると理解しておくほうがよいですね。もちろん銀行から借りる目的のあるローンは、総量規制の対象外となっています。

総量規制と専業主婦

総量規制は専業主婦にとってどんな影響を与えたのでしょうか。総量規制を含めた貸金業法の改正前には、専業主婦はまったくお金を借りられなくなると考えてしまった方もいらっしゃるでしょう。実際に駆け込みで借入を申し込むということも起こっていました。

しかし、改正後も専業主婦の方も変わらず申し込みができる金融機関は確保されています。世帯収入で審査が受けられる銀行カードローンがその代表格です。銀行カードローンでは専業主婦専用のものなどもあります。ただし、配偶者の同意書や収入証明書など提出書類が必要なものと、そうでなく専業主婦の方本人の身分証明書だけで借りられるものなどカードローンによって違いがあるのです。

また、専業主婦の方は銀行カードローンでも限度額はさほど大きく設定できないようになっていることが多いです。専業主婦の方以外なら、最高限度額が200万円となっているカードローンでも、専業主婦の方には最高限度額30万円となっているケースもあります。もちろん最高限度額いっぱいまで借りられないこともあるでしょう。限度額についてはお金の利用目的も含めて慎重に決めておいたほうがよいですね。

専業主婦の方ほど、とっさの出費に対応したくなることがあるでしょう。総量規制によって借入先は限定されることになりましたが、まったくお金を借りられなくなったわけではありません。キャッシングやカードローンはお財布や口座のバックアップにも利用しやすいので、おすすめです。

安心してお金を借りるために…

お金を借りる時に少しでも不安や心配を感じることがないというと嘘になるでしょう。特に初めてお金を借りる方にとって、安心感というのはとても気になるものです。

この不安にはいくつか種類がありますね。まずお金を借りられるのかどうか、安心して申し込めるローンなのかといった借入前の気になる点や、借入後に借り過ぎてしまったらどうしよう、返済できなくなってしまったらどうしようという心配などに大きく分けられるはずです。

いずれの心配も解決できないことはありません。申し込み前には貸金業者ならその安全性が確認できます。金融庁や日本貸金業協会のサイトから、悪質な業者を調べられるのです。また、審査での不安は各サイト簡単な診断などができることもあります。実際に審査を申し込んでしまうと、信用情報機関に履歴が残るので、申し込みブラックを引き起こしてしまうかもしれません。しかし、診断ならすぐに借りられるかどうかもおおよその判断ができ、さらにそのまま申し込みの手続きを進めることもできるのです。

借り過ぎに関しては、総量規制によってストップがかかるようになっています。貸金業法対象外のローンであっても、個人信用情報機関に借入総額は記録されているため、大きく外れた額を借りることはできないでしょう。もちろん自分で返済シミュレーションもしっかりと行い、計画を立てておくことも大切です。余裕を持った返済計画によって、安心してローンを利用できることにつながります。